カテゴリー
未分類

「35歳の少女」あらすじとネタバレ

1995年。不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、望美。家族は、バラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。そして、2020年。心は10歳、だけど体は35歳。25年ぶりに少女が目覚めた!「もし、あなたの大切な人が、25年ぶりに目の前に現れ、中身は、10歳のままだとしたら、どうしますか?」すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語。

各話あらすじ・ネタバレ

1話あらすじ・ネタバレ

幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみはその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。
病室で目を覚ました望美(柴咲コウ)の目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』!実は事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵たえ(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次しんじ(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。そして望美自身は、心は10歳、体は35歳の『35歳の少女』である自分を受け入れられず……。
現在に馴染めないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実はすき焼きは家族にとって因縁の料理。まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人ひろせゆうと(坂口健太郎)が訪ねてくるが……。
教師の夢を叶えた結人の話に目を輝かせる望美だが、その無垢な瞳に耐えきれなくなった結人は、本当は代行業をしながらその日暮らしをしていることを激白!結人は、多恵から頼まれて夢を叶えたふりをしていたのだ。『現在』は望美の夢見た世界ではないと辛辣な言葉を浴びせる結人。その時、声が出せなかった望美が子供のように大声で泣き出す!さらに、両親の離婚、父に新しい家庭があること、母と折り合いの悪い妹はずっと前に家を出て家族がバラバラになったことを知り、望美は深く傷つく……。
翌朝、望美が姿を消したと聞いて探していた結人は、昔通っていた図書館へ。そこは結人と望美の思い出の場所。望美の深い孤独に触れた結人は不器用ながらも必死に励ます。その姿に、25年前と変わらぬ結人の面影を見つけた望美は、キラキラとした目で結人を見つめ、この世界で生きる足がかりを見つけるのだった。『35歳の少女』が時間を取り戻す過酷な人生の時計が動き出す……。

2話あらすじ・ネタバレ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、元・初恋相手の結人ゆうと(坂口健太郎)の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したものの、変わり果てた世界にまだ馴染めない。眠っている間に生理が始まり大人の体になっていることにも改めてショックを受ける。多恵たえ(鈴木保奈美)は自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう望美を急かし、子供っぽい言動を諌める。
一方、広告代理店で働く愛美まなみ(橋本愛)は元カレで上司の相沢あいざわ(細田善彦)が使えない後輩・藤子ふじこ(大友花恋)と付き合っていることにストレスを抱えていた。そして進次しんじ(田中哲司)は再婚相手・加奈かな(富田靖子)の連れ子・達也たつや(竜星涼)が仕事を辞め部屋に引きこもっていることに悩んでいた。別々の場所でそれぞれに人生の行き詰まりを感じている家族。望美は自分が原因で家族がバラバラになってしまったことに心を痛める。
そんな中、相沢の気を引きたい愛美は代行業をしている結人に恋人のふりをしてくれと頼む。愛美の歪んだ恋愛感情に呆れつつ依頼を受けた結人は、望美の様子が気になっていた。その頃、かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故の直前まで録りためていた古いカセットテープを聞き、あることを思いつくと、結人に連絡する・・・。
望美は変わり果てた現在の世界と体に馴染めず、多恵からは早く大人になるよう急かされてしまう。
一方、愛美は仕事と恋にストレスを抱え、進次は再婚相手・加奈の連れ子・達也との関係に頭を悩ませていた。自分のせいで家族がバラバラになってしまったことを知り苦しむ望美。
そんな中、図書館で結人に再会した望美は、かつての友達に会いたいと頼む。しかし現れたのは子供の頃の夢など全く覚えていない、昔の面影もない元親友。帰り道、望美は結人から、人間はインターネットの普及した現代社会ですっかり変わってしまったと辛辣な言葉をかけられる。家に着いた望美は突然自転車にまたがり……。坂道でどんどんスピードを上げる望美!目の前に崖が迫った瞬間、結人が呼ぶ声にハッとしてブレーキをかける!25年前に戻れると思ったという望美の言葉を聞いた結人は、時間を失った望美の絶望を知り、無理に大人になる必要はないと言葉をかける。
ショッピングモールを訪れ、多恵には子供っぽいからと反対された着たかった服や食べたかったもの、遊びたかった遊具を心ゆくまで楽しむ望美。その子供らしい姿を見た結人の心も徐々に解けてゆく。再び結人の言葉に励まされた望美はある決意をする。
その夜。時岡家に家族を集めた望美が買ってきたのは、25年前お遣いに出たまま買って帰ることのできなかった“豆腐”。事故の責任に苦しみ続けた家族に、望美は事故に遭ったのは自分が寄り道をして坂道に行ったせいだと話す。豆腐を食べた家族の嬉しそうな姿を見た望美は「あたし、成長するね」と目を輝かせるのだった……。

3話あらすじ・ネタバレ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、家族に成長宣言したため、努力するが、うまくいかない。昔から教えることが得意だった元教師の結人ゆうと(坂口健太郎)に勉強を見て欲しいと思う望美。しかし、娘が結人と近づくことをよく思わない多恵たえ(鈴木保奈美)は、学習塾に通わせようとするが、望美はついていけない。
一方、進次しんじ(田中哲司)は部屋に引きこもる義理の息子・達也たつや(竜星涼)との関係を修復しようと、加奈かな(富田靖子)の制止を振り切って部屋のドアを叩く。しかし、達也は、いきなり100万円を要求する。
仕事での功績が評価されない愛美まなみ(橋本愛)は、相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)の順調な恋を前に公私ともに絶不調。結人に愚痴聞き代行を頼むが、酔った勢いで大失態をおかしてしまう!
そんな中、望美は自分のことを巡って多恵が愛美や進次と衝突を繰り返し、家族の溝が深まっていることを悲しく思っていた。結人に会って相談する望美は、世の中を知るために結人の代行業を手伝うことになる・・・。
望美は、成長宣言したために努力するが失敗が続く。結人に勉強を教えて欲しいと思うが、多恵は猛反対。小学生用の学習塾に通うが馴染めず、しばらく自宅で勉強することに。
一方、進次は達也との関係を修復しようと働きかけるが、整形費用100万円を用意したら部屋から出てきてやる、と言われてしまう。
公私ともに絶不調の愛美は結人に愚痴聞き代行を依頼。しかし酔った勢いで相沢の自宅に押し掛け、騒いだ挙句に中森明菜を熱唱!醜態を晒す。
そんな中、自分のせいで多恵が家族と衝突を繰り返すことを悲しく思う望美は結人に相談。突然の欠員に困った結人の代行業について行くことに。そこは“リア充”を装う依頼人の誕生日会。参加者全員“さくら”の誕生日会で、勧められた酒を飲んだ望美は、依頼人の虚飾にまみれた人間関係に意見すると、そのまま泥酔してしまい…。
多恵は望美を送ってきた結人に激怒!もう望美に会わないよう釘をさすと、一日中望美を監視するように……。望美は怒ってばかりの多恵に、思わず「こんなの、あたしが大好きだったママじゃない!」と告げて家を飛び出してしまう!
多恵を傷つけたことに落ち込む望美は、図書館で会った結人に相談。かつて多恵と仲直りするために手紙を書いていたものの、何を書いたらいいのかわからない。結人と話しているうちに、目覚めてからやり忘れていた“大切なこと”を思い出す……。
それは、25年間自分を介護してくれた多恵に感謝の「ありがとう」を伝え、「よかったね」と抱きしめてもらうこと。望美の手紙でその思いを知った多恵は涙を浮かべ、少し成長した望美を強く抱きしめるのだった。

4話あらすじ・ネタバレ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、多恵たえ(鈴木保奈美)のことをなぜか鬱陶しく感じ始めていた。そんなこととはつゆ知らず、朝から望美の好物を用意して娘にベッタリする多恵だが……。
一方、愛美まなみ(橋本愛)は相沢あいざわ(細田善彦)の自宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトをおろされてしまう。藤子ふじこ(大友花恋)の仕業だと確信するが、さらなるトラブルに発展し……。会社で早期退職を勧められた進次しんじ(田中哲司)は加奈かな(富田靖子)に打ち明けられず、引きこもる達也たつや(竜星涼)の問題も解決の糸口を掴めずにいた。
そんな中、結人ゆうと(坂口健太郎)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。本当は通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒の会話に激しく共感!中学生たちとまるで同い年のように意気投合し、すっかり中学生のノリに染まる望美。結人はそんな姿に戸惑いつつも、多恵に成長を見守るよう提案するが……。自分の行動に口出ししてくる多恵や進次の情けない姿に、経験したことのない“反抗期”のイライラを感じる望美を、新たなトラブルが待ち構えていた……!
望美はなぜか多恵を鬱陶しく感じ始めていた……。
一方、泥酔熱唱動画が社内で出回り、プロジェクトをおろされた愛美は、動画を拡散したのが藤子だと確信し、殴り合いの騒ぎの末、庶務に行かされてしまう!そして進次は早期退職を勧められたことを家族に打ち明けられないでいた……。
そんな中、結人が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。通うはずだった中学校を見に行くと下校中の生徒と意気投合し、中学生のノリに染まっていくが……。
望美は中学生に利用されているとも知らずに煙草を買いに行かされ、警察に連行されてしまう!迎えに来た進次の家では達也に何も言えない進次の情けない姿を目の当たりにし、帰宅すると多恵から口うるさく詮索され、望美が経験したことのない“反抗期”のイライラはさらに募る……。
翌日。中学生の友達からの電話で助けを求められた望美は、多恵の制止を振り切って友達の元へ!パパ活でトラブルに巻き込まれた友達を守ろうとして男に連れ去られそうになる望美!そこで体を張って望美を助け出したのは多恵だった!
気まずい空気の中、帰宅した望美は素直になれず、多恵に心にもない言葉をかけてしまう。そんな姿になぜか突然泣き出す多恵。その理由が、見られなかったかもしれない望美の“反抗期”を経験できた喜びだと知った望美に、ようやくイライラの終わりが訪れる……。
翌日。望美は結人が10年前に教師を辞めた理由を聞く。初担任のクラスでいじめが起き、生徒が自殺したことに自責の念を抱いてきたという結人を見守る望美。慈愛に満ちた眼差しは、一回り成長したように見えるのだった。

5話あらすじ・ネタバレ

望美のぞみ(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。多恵たえ(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人ゆうと(坂口健太郎)の関係を不安げに見守るが……。
一方、愛美まなみ(橋本愛)は実力を認めてくれない職場に不満を抱えつつ、困った時だけ優しくしてくる相沢あいざわ(細田善彦)への思いを断ち切れずにいた。そして進次しんじ(田中哲司)の家では達也たつや(竜星涼)が荒れ、加奈かな(富田靖子)が怪我をする事態に。加奈は、2日後に迫った達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる……。
そんな中、結人への気持ちがますます募る望美は、いちいち心配してくる多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言!結人は積極的に気持ちをぶつけてくる望美に戸惑いを隠せない。その一方で望美は、生徒が自殺した過去を持つ結人が、本当は教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じていた。相変わらず代行業でその日暮らしを続ける結人が恋人代行の仕事に向かうと聞いた望美は、心配で後を尾ける。しかし結人に恋人役を頼んだ相手は愛美だった…。
望美は急速な成長を見せ、子供時代を懐かしく感じ始めていた。多恵は思春期のような望美と、家庭教師に訪れる結人の関係を不安げに見守るが、望美の結人に対する気持ちは募るばかり。その一方で、望美は結人が過去のトラウマから教師に戻りたい気持ちを誤魔化しているのが気になっていた。
一方、愛美は、仕事のストレスと相沢への未練から荒れ、結人に恋人代行を依頼。つい本音でアドバイスをする結人に心を許す愛美だが、そこに結人の後を尾けて来た望美が現れる!望美は、愚痴ばかりこぼして本当にやりたいことには挑戦しない愛美とつい言い合ってしまう。
公私共にどん底の進次の家では、加奈が達也に要求された100万円を渡してしまったことから口論に。前の家族に未練を感じている進次に対し、加奈のストレスが爆発!家を追い出された進次は引渡し前の新居で泥酔していたところを客に見つかってしまう……。
そんな中“教師に戻ることから逃げている”という望美の核心をついた発言に苛立つ結人は、わざと望美が自分を嫌うよう仕向ける。傷ついた望美は、若き日の母が父の気持ちを振り向かせた方法を録音した昔のテープにヒントを得る……。
翌日。望美は結人を恋人代行で予約。『モモ』のように、結人の良き聞き手になろうと努める望美の姿に打たれた結人は、望美を連れて亡き教え子の墓へ。もう一度教師に戻る覚悟を決めるのだった。
その帰り。結人は多恵の前で望美との交際許してほしいと頭を下げる。しかし、望美は多恵から自分か結人のどちらかを選べと迫られて……。望美は、多恵を置いて、結人と共に家を出るのだった。

6話あらすじ・ネタバレ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、初めて多恵たえ(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人ゆうと(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。
勢いで会社を辞めた愛美まなみ(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次しんじ(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。
一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。
そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。
望美は多恵の元を離れた不安を隠しながら結人との「幼い同棲」を始める。交際を認めてもらうため、代行業をやめて教職を探す結人は、今でもアナウンサーになる夢を諦めない望美に現実の厳しさを伝えられずにいた。
一方、会社を辞めた愛美は夢だったデザイナーを目指すも前途多難。お酒のトラブルでクビになった進次は行き場をなくし、酔って時岡家へ。望美が出て行ったことを知った進次は、多恵に勝ち誇ったような態度に出るが、冷たく追い返されてしまう……。
そんな中、愛美が結人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美は“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と愛美の本質をつき、怒らせてしまう。一方理想を追う結人は採用してくれる小学校が見つからず焦りを感じ始めていた……。
そんな最中、今村家では加奈かな(富田靖子)まで部屋に引きこもり、達也たつや(竜星涼)が進次に連絡してくる。家族を無視する加奈はネットショッピングにはまり、家の中はさらなるカオス状態に!
家族がそれぞれ悩んでいることを心配する望美は、昔のテープに録音された母の声に後押しされ、皆を笑顔にしようと時岡家に集める。以前のようにお豆腐で仲直りして、愛美と進次が時岡家で暮らすことを提案するが、多恵から、望美が帰ってくることが条件だと言われ、困惑。更に、皆からアナウンサーにはもうなれないと宣告され、追い打ちをかけるように「あの時死んでくれればよかった」と言い放つ愛美。深く傷ついた望美は姿を消す……。
望美を探していた結人は、アパートの隅で行き場のなくなった望美を見つける。「これから何があっても、おまえのそばにいる」という結人の言葉を聞いた望美は笑顔を取り戻し、初めて結人とキスを交わすのだった。

7話あらすじ

望美のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。
一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。
教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。
その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

作品情報

放送日

  • 第1話 2020年10月10日
    25年ぶりに帰ってきた娘は、35歳の子供だった…。
  • 第2話 2020年10月17日
    結人の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を現実受け入れようと決意した望美。
    しかし、家族はそれぞれに人生の行き詰まりを感じていて…。
  • 第3話 2020年10月24日
    自分のせいで多恵が父や妹と衝突するのを悲しく思う望美。
    結人に助けを求めに行くと、偶然にも代行業を手伝うことになる…。
  • 第4話 2020年10月31日
    望美はなぜか多恵のことを鬱陶しく感じ始める。
    そんな心と体が噛み合わない望美を、新たなトラブルが待ち構えていた…。
  • 第5話 2020年11月7日
    子供時代を懐かしく感じ始める望美。
    急速に大人びて来た思春期のような望美と結人の関係を、多恵は不安げに見守るが…。
  • 第6話 2020年11月14日
    多恵の元を離れ結人との「幼い同棲」を始める望美は、家族の幸せを心から願うあまり、思いがけない行動に出る…。
  • 第7話 2020年11月21日
    喧嘩別れした家族が内心気になりつつも、結人のために生きようと決めた望美。
    望美は結人に両親に挨拶させてほしいと頼むが…。

キャスト

  • 柴咲コウ
  • 坂口健太郎
  • 橋本愛
  • 竜星涼
  • 富田靖子
  • 田中哲司

主題歌

King Gnu – 三文小説

メディア

Website

Twitter

Instagram

hulu